Cuisine 食べる

条件で絞り込む

  • エリア

  • カテゴリー

キーワードから探す

エリアガイドを見る
  • 大館市
  • イベント・祭り
  • グルメ

肉×博 肉の博覧会inおおだて

観光施設「秋田犬の里」の多目的広場に多種多様な肉料理が勢揃いする、年に一度の大規模イベント。比内地鶏や秋田牛、大館さくら豚といった秋田・大館のブランド肉に加え、地元民のソウルフードである馬肉料理や加工肉など、ありとあらゆる肉を心ゆくまで味わえます。 手ぶらでバーベキューが楽しめるエリア「やぎにぐ村」では、秋田を代表するブランド肉である、比内地鶏・大館さくら豚・秋田牛の3種が一度に味わえるセットを販売。肉が焼ける香ばしい匂いが食欲を誘います。 「出店村」には毎年約50ものさまざまな出店とキッチンカーが集います。特に、比内地鶏を丸鶏のまま鉄串に刺し、炭火でじっくりと焼き上げる「千羽焼き」は圧巻。他にも、ステーキ、揚げ物、串モノと、美味しいものがズラリと並びます。 特設ステージでは、なまはげ太鼓やライブ、ストリートダンス、ヒーローショーなど、地元のアーティストを中心に熱演を繰り広げます。2024年には秋田職業能力開発短期大学校の学生主催の参加型イベントも開催され、大いに盛り上がりました。 会場では豪華お肉セットが当たる大抽選会も開催。肉好きにはたまらない二日間です。
  • 上小阿仁村
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

ほおずきジャム

「ほおずき」と言えば、赤い実で食べると苦い観賞用のものが頭に浮かびますが、上小阿仁村で育てている「食用ほおずき」は甘酸っぱいオレンジ色の実で、トマトとスモモをかけ合わせた味。 とてもフルーティーで1度食べるとその味が忘れられないという由来から「恋どろぼう」と言われています。 ビタミン豊富で元気のもと、美容のもととして親しまれています。
  • 小坂町
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

アカシアはちみつ

明治時代に小坂鉱山の煙害によって失われた緑は、明治42年から取り組んだニセアカシアの植林で見事によみがえり国内最大の群生地となりました。 6月には約3百万本以上のニセアカシアがいっせいに花開き、町中が甘い香りに包まれます。 そこから生まれた最高級のアカシア蜂蜜は、濃厚な甘さとスッキリとした味わいが人気で『はちみつの女王』とも言われ高級品として扱われています。
  • 北秋田市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

マタギの夢(どぶろく)

打当温泉で製造販売している濁酒「マタギの夢」は、温泉脇の田で作ったあきたこまちと森吉山麓の清冽な伏流水でつくられており、昔ながらの素朴な濁酒の味をお楽しみいただけます。 打当温泉マタギの湯のレストランにてご注文いただける濁酒は「生」タイプで、発泡性があり心地よい刺激とフレッシュな香りが特徴です。 その他に「生」タイプに火入れ(殺菌)をし発酵を止めた「瓶詰の濁酒」も販売しております。 瓶詰の濁酒は酵母菌を削除することにより、なめらかな旨みと柔らかい喉越しが特徴です。 ※瓶詰商品は予約販売のみとなります。 ※一度に作れる数量が少ないので、売り切れになってしまうこともございます。濁酒の在庫があるかどうか、お手数ですが、一度お電話で打当温泉まで確認していただきますようお願いいたします。
  • 北秋田市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

バター餅

北秋田のご当地スイーツといえば「バター餅」。 たてのお餅にバター、砂糖、卵などを練り込んでカットしたもので、日本バター餅協会に認定されているお店は13店舗ほどあります。 作り手によって原材料が異なり、味、柔らかさ、色、香りなどがそれぞれのお店で違うので、好みのものを見つけるのも楽しみです。 どれも薄いクリーム色をしていて、バター風味と独特のふわもち食感が人気です。
  • 大館市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

枝豆スナック!枝豆ソフト!枝豆ビール!

枝豆ソフトクリーム! とってもクリーミーで美味。 ほどよい甘さです。 枝豆ソフトが食べられるところは、他にはなかなかありませんよ。 他にも大館には枝豆のお菓子がたくさん。 ギンビスの枝豆スナックは大人気! 枝豆のワッフルは冷凍された状態で 提供されます。 冷蔵庫で2時間ほど解凍してから お召し上がりください。 枝豆ビールはおみやげにもピッタリ!
  • 大館市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

かまぶく

かまぶくは米粉を使った伝統的なお菓子です。 かまぼこに見立てて作られています。 正式名称は「かまぼこ」ですが、秋田弁で「かまぶく」と呼ばれています。 もちもちで優しい美味しさのかまぶく。ちょうどいい甘さです。 ごま味やかぼちゃ味といった種類も。 お気に入りの味のかまぶくを探してみてください。
  • 上小阿仁村
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

こはぜアイス

「こはぜ」は上小阿仁にある特産品。 他の県では「ナツハゼ」と呼ばれて、海外では「日本のブルーベリー」とも呼ばれています。 目にいい、疲れがとれるといわれる、アンチエイジング等の抗酸化作用効果は ブルーベリーの2倍~3倍といわれています。 そのまま食べると酸っぱいですが、アイスやジャムにすると丁度いい甘酸っぱさが楽しめます。 こはぜアイスはとてもクリーミーでベリーの味が濃いです。 真冬でも美味しいので、夏ではたまらないです。 道の駅で豊富な特産品と一緒に売られています。
  • 上小阿仁村
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

えごま油

オメガ3系脂肪酸「α-リノレン酸」を豊富に含む「えごま油」。 血液の流れをよくします。 オメガ3は人間の体内でつくられないため、食物からとる必要があります(=必須脂肪酸)。 食品ではサバやイワシなどの青魚に多く含まれていますが、現代人に不足しがちな栄養素です。 そこで、オメガ3(α-リノレン酸)を多く含む「えごま油」が注目されているのです。 加熱するとαーリノレン酸が壊れてしまうので、かける・和えるといった方法でお召し上がりください。 しょうゆと合わせ、ドレッシングとしてお召し上がりいただくのもおすすめです。 上小阿仁村産「えごま」から搾油したえごま油。生搾り・無添加の新鮮えごま油です。 道の駅で豊富な特産品とご一緒に売られています。
  • 大館市
  • 北秋田市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

あきたのリンゴ

リンゴと言えば青森が有名ですが、気候の似ている秋田県北部もリンゴの名産地なのです。特に大館市中山地区と北秋田市伏影地区にはリンゴ畑が広がっています。 昼夜で寒暖差の激しくなるこれらの地区で育つリンゴは甘みが凝縮されるのが特徴。他よりも甘くなり、皮の色も濃くなると言われています。 これらの地区では最大30種のリンゴが育てられていますが、秋田で品種改良され、そのほとんどが秋田県内で育てられる品種「あきた紅あかり」は強い甘みと程よい酸味のバランスが絶妙。 秋田で味わってもらいたいグルメの一つです。 リンゴの果実が食べられるのは秋から春までになりますが、もぎたてを絞った100%リンゴジュースは一年中楽しめます。