Tourist
Guide 観光ガイド

条件で絞り込む

  • エリア

  • カテゴリー

キーワードから探す

エリアガイドを見る
  • 北秋田市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

バター餅

北秋田のご当地スイーツといえば「バター餅」。 たてのお餅にバター、砂糖、卵などを練り込んでカットしたもので、日本バター餅協会に認定されているお店は13店舗ほどあります。 作り手によって原材料が異なり、味、柔らかさ、色、香りなどがそれぞれのお店で違うので、好みのものを見つけるのも楽しみです。 どれも薄いクリーム色をしていて、バター風味と独特のふわもち食感が人気です。

  • 大館市
  • お⼟産・特産品

大館曲げわっぱ

「大館曲げわっぱ」は、木こりが杉柾で曲物の器を作ったことがはじまりといわれています。 弾力性に富み美しい木目を特徴とする天然秋田杉を薄く剥いで、熱湯につけて柔らかくして曲げ加工を施し、山桜の皮で縫い止めをして完成します。 明るく優美な木肌と整った木目、そのやさしくシンプルな自然の素材が海外からも人気を集めています。

  • 大館市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

枝豆スナック!枝豆ソフト!枝豆ビール!

枝豆ソフトクリーム! とってもクリーミーで美味。 ほどよい甘さです。 枝豆ソフトが食べられるところは、他にはなかなかありませんよ。 他にも大館には枝豆のお菓子がたくさん。 ギンビスの枝豆スナックは大人気! 枝豆のワッフルは冷凍された状態で 提供されます。 冷蔵庫で2時間ほど解凍してから お召し上がりください。 枝豆ビールはおみやげにもピッタリ!

  • 大館市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

かまぶく

かまぶくは米粉を使った伝統的なお菓子です。 かまぼこに見立てて作られています。 正式名称は「かまぼこ」ですが、秋田弁で「かまぶく」と呼ばれています。 もちもちで優しい美味しさのかまぶく。ちょうどいい甘さです。 ごま味やかぼちゃ味といった種類も。 お気に入りの味のかまぶくを探してみてください。

  • 上小阿仁村
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

こはぜアイス

「こはぜ」は上小阿仁にある特産品。 他の県では「ナツハゼ」と呼ばれて、海外では「日本のブルーベリー」とも呼ばれています。 目にいい、疲れがとれるといわれる、アンチエイジング等の抗酸化作用効果は ブルーベリーの2倍~3倍といわれています。 そのまま食べると酸っぱいですが、アイスやジャムにすると丁度いい甘酸っぱさが楽しめます。 こはぜアイスはとてもクリーミーでベリーの味が濃いです。 真冬でも美味しいので、夏ではたまらないです。 道の駅で豊富な特産品と一緒に売られています。

  • 上小阿仁村
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

えごま油

オメガ3系脂肪酸「α-リノレン酸」を豊富に含む「えごま油」。 血液の流れをよくします。 オメガ3は人間の体内でつくられないため、食物からとる必要があります(=必須脂肪酸)。 食品ではサバやイワシなどの青魚に多く含まれていますが、現代人に不足しがちな栄養素です。 そこで、オメガ3(α-リノレン酸)を多く含む「えごま油」が注目されているのです。 加熱するとαーリノレン酸が壊れてしまうので、かける・和えるといった方法でお召し上がりください。 しょうゆと合わせ、ドレッシングとしてお召し上がりいただくのもおすすめです。 上小阿仁村産「えごま」から搾油したえごま油。生搾り・無添加の新鮮えごま油です。 道の駅で豊富な特産品とご一緒に売られています。

  • 大館市
  • 北秋田市
  • お⼟産・特産品
  • グルメ

あきたのリンゴ

リンゴと言えば青森が有名ですが、気候の似ている秋田県北部もリンゴの名産地なのです。特に大館市中山地区と北秋田市伏影地区にはリンゴ畑が広がっています。 昼夜で寒暖差の激しくなるこれらの地区で育つリンゴは甘みが凝縮されるのが特徴。他よりも甘くなり、皮の色も濃くなると言われています。 これらの地区では最大30種のリンゴが育てられていますが、秋田で品種改良され、そのほとんどが秋田県内で育てられる品種「あきた紅あかり」は強い甘みと程よい酸味のバランスが絶妙。 秋田で味わってもらいたいグルメの一つです。 リンゴの果実が食べられるのは秋から春までになりますが、もぎたてを絞った100%リンゴジュースは一年中楽しめます。

  • 小坂町
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

小坂七滝ワイン

【適地・適作】 秋田県小坂町のぶどう栽培は、昭和63年(1988)鴇(ときと)地区で始まりました。そこは、太古に十和田湖大噴火によって堆積した火山灰土壌で水はけが良く、ブドウ栽培に最適な土地でした。そして、病気に強く冷涼な気候でも栽培が可能な「山ぶどう」系品種を栽培。さらに品種の特性を活かす自根栽培(接木が一般的)は、奇跡の栽培方法といわれています。 鴇地区のブドウ園にほど近い七滝地区に2017年設立されたのが小坂七滝ワイナリーです。 目の前には、美しい七滝があることからその名がつけられ、ワイナリーのシンボルにも描かれています。 【山ぶどう系品種】 山ぶどう系品種とは、故・澤登晴雄氏(1916~2001年85歳没)が、約50年の歳月をかけ育成した品種で、山ぶどうの濃厚な色素(ポリフェノール)と爽やかな酸味が特徴です。 日本原産のヤマブドウと海外のヤマブドウを掛け合わせ、日本の原種をよりワイン醸造に適したものとしています。 【ワイン醸造】 小坂町では、山ぶどう系品種(日本固有種)にこだわり産地化を進めてきました。山ぶどう系品種の濃厚な色素と爽やかな酸味を活かし、重厚なワインや、爽やかなタイプ、フルーティーな甘口タイプなどオリジナリティを追求したワイン醸造を行っています。 赤ワインは、「ワイングランド」「小公子」「岩木山葡萄」品種の特性を活かした醸造によって、爽やかな酸味と豊かなポリフェノールが特徴。 ロゼワインは、ワイングランドを無圧搾り(フリーラン果汁)の贅沢な果汁を、丁寧に低温発酵させてたフレッシュで、ほんのりと甘口のロゼワインです。 他にも、秋田県産ナイアガラやスチューベンの品種を使った、フルーティーな味わいの白ワインやクリスマス・ヌーヴォー、サマーレッドなど季節に合わせた商品も楽しめるのが小坂七滝ワインです。

  • 大館市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

北鹿の日本酒

北鹿は大館市の中心部有浦に居を構える酒造会社です。昔から米どころ酒どころとして知られていた秋田県でもなじみ深い日本酒です。 北鹿は日本酒メーカーとしては決して大きくはありませんが、様々なことに挑戦し続けている酒蔵です。 その一つが「雪中貯蔵」。 冬の初めに仕込んだお酒を十和田湖まで運び、深い雪の中に貯蔵、熟成させます。 雪の中は気温と湿度が一定で、日本酒の熟成には最適の環境。酵母が生きた生酒のまま初春まで熟成さ、まろやかな味に仕上がります。 他にも日本酒の技術の最高峰、大吟醸酒を沢山の人に味わって楽しんでもらいたいとの思いから、試行錯誤の末生み出された「大吟醸北秋田」はリーズナブルな価格設定と相まって、日本で一番売れている大吟醸酒でもあります。 新鮮なフルーツを思わせる豊かな吟醸香と爽やかで透明感のある味わいを1000円以下で味わえるのは北鹿の努力の結晶とも言えます。 秋田犬の里とコラボしたお酒や他にも様々なラインナップのある北鹿の日本酒。 大館の地酒として是非とも味わってみてください。

  • 大館市
  • グルメ
  • お⼟産・特産品

中山梨

秋田県の北部に位置する大館市中山地区。 そこで採れた梨の総称を「中山梨」、地元では「北限の梨」とも呼びます。 この地区では気温の寒暖差が大きいため水分が多く甘みが凝縮した梨が栽培できます。 中山梨は明治時代に栽培が始まり、100年以上の歴史を持ちます。 品評会などでも高い評価を受けており、良質な梨と認められています。